返済延滞や債務整理をしたことがある人の場合

債務整理をしたあとでもカードローンに申し込むことはできる

銀行や消費者金融が作成しているカードローンのパンフレットには、「安定した収入のある方がご利用になれます」といったことが書かれています。貸金業者は細かな審査基準を公にしていませんが、安定した収入があるというのは最低限の基準だといえるでしょう。では、他社でお金を借りて返済を大きく遅らせたり、過去に債務整理をした人は申し込めませんといったことがパンフレットに書かれているかというと、こういった記載はまずありません。過去に金融事故を起こしているからといって審査すらしてもらえないことはないのです。
ただ、だからといって、返済を長く延滞していたり、債務整理をした人が申し込んで簡単に審査に通るかというと実際のところはかなり難しいです。

自分の信用情報がどうなっているかは自分の目で確認できる

では、金融事故を起こしたことのある人がカードローンを使いたいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。まず、債務整理をしたことがあるならば、それがいつだったのかを調べて、どれぐらい経過しているのかを算出しましょう。自己破産による免責が認められてから10年、あるいは任意整理による和解をして、すべての債務を返済し終えてから10年が経っているのであれば、よくない信用情報は削除されている可能性が高いです。
もし、削除されていれば過去に借り入れをしていないカードローン会社の審査担当者には、金融事故を起こしたことはわからないので、審査に通る可能性があります。
信用情報会社に直接おもむけば、身分証明書を提出して手数料を支払うことで自分の信用情報を確認することができるので、情報が削除されているかどうか判断つかない場合は自分の目でチェックするのも一つの方法です。