カードローンの審査基準

カードローンを契約するために行われる審査についての、基本的な知識をまとめてみました。審査に通りにくい人や通りやすい人の違いや、意外と知らない豆知識などです。詳しい内容を知りたいという方は、参考にしてみてください。

返済延滞や債務整理をしたことがある人の場合

銀行や消費者金融が作成しているカードローンのパンフレットには、「安定した収入のある方がご利用になれます」といったことが書かれています。貸金業者は細かな審査基準を公にしていませんが、安定した収入があ…

安定した収入がある人の場合

消費者金融では、何よりも審査を通過できるかどうかが重要になってきます。お金を借りる大前提が審査を通過することですので、消費者金融からお金を借りたい方は、まずは審査基準をよく理解して、審査に通過でき…

自身に最適なカードローンを選ぼう

カードローンはメガバンクから地方銀行、消費者金融まで様々な業者が提供しています。それぞれのメリット、デメリットを見極めて自身に最適なものを選びましょう。

意外と知らない仮審査や本審査の内容

仮審査は利用可能額の設定作業

カードローンの仮審査は、申込書の内容と個人信用情報の登録情報をもとに、利用可能額を設定する作業といわれています。申込書からは年収をピックアップし、人事院が定める標準生計費をもとに返済能力がチェックされます。年収から標準生計費を引いた額が、1年間にカードローンの返済に充てられる額(年間支払可能見込額)だといえます。 個人信用情報からは、他社の借入・返済状況がチェックされます。消費者金融の場合は年収の3分の1を超える融資が貸金業法で禁止されているので、他社借入額が年収の3分の1を超えている場合は審査に落ちてしまいます。他社借入額が年間支払可能見込額以内であることが確認できてから、申込先所定の返済額に見合った利用可能額が設定されます。

本審査の通過率は高いが油断は禁物

仮審査に通過した後、必要書類を提出してから本審査を受けます。本人確認書類は必ず提出が求められる他、50万円以上の融資を受ける場合は年収証明書(源泉徴収票や確定申告書の写し)も提出するのが一般的です。 本審査では、申込書の内容と必要書類の記載内容との間に矛盾点がないかどうかがチェックポイントとなります。本審査の申込み時に契約書をあらかじめ記入するため、矛盾点が見つからなければ本審査に通過するものと考えられます。一方、矛盾点が見つかった場合は、事実ではない情報を申告したと判断され、利用可能額を下げられたり融資自体が見合わせになったりすることがあります。カードローンを申し込む際は、正しい情報を伝えるようにしましょう。

カードローンの返済方法

こんな返済方法でも可能です

お得に返済したいなら?

延滞するとこんなことになります